ajikoの普通の日記です。 ajiko(わたし) sabao(夫) tobiko(娘2歳) tonbo(息子0歳)
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


一人であることについて
2009年04月28日 (火) | 編集 |
sinnya1.jpg 深夜特急 沢木耕太郎

tataに勧められて読んでみた。
題名と表紙のイメージから、男っぽいハードボイルドな小説かと思ってて
今まで特に気をひかれなかったのですが、オススメならば。

結局すっかり引き込まれて読んでしまった。
20代前半にこんな風に(とまではいかなくても)海外をウロウロしたかったなあ。
勇気も無くて、結局、青春18切符が発売されるたびに国内をウロウロするばかりだった。
それはそれで良かったけども。

一人で旅して、なんていうか、まるごと自分が1人であることについて考えたりして。
でも何度目かの一人旅で 
「普段から好き好んで1人の時間を過ごしているのに、旅行まで1人でする事は無い」
と、はっきり思いまして。
もう、こういう一人旅の時間は必要としてないんだなあとか思いました。

スポンサーサイト

しつこく花の成長記録
2009年04月28日 (火) | 編集 |
携帯ajiko 076
松が発芽です!!一体どんな葉が出るのか?
なんて、実は待ちきれずにネットで見てしまった。
見なきゃ良かったなあ、知らずにいたらより面白かっただろうになあ。

携帯ajiko 078携帯ajiko 086携帯ajiko 077携帯ajiko 060
赤いポピーも咲いた。
苺は既に観葉植物と化している。
名前不明の花も咲いている。
ニーム・・・ニームはこれ、やっぱり枯れてるのかな・・・
枯れたようでも復活すると聞いているんだけども、まだか・・・

2009年04月27日 (月) | 編集 |
携帯ajiko 082

実家に居るとよくヤモリを見ます。
今まで見た最小。かわいいなー

接待下手
2009年04月26日 (日) | 編集 |
法事のためのお菓子など。
ウチにこんなに食器があったとは・・・
携帯ajiko 080携帯ajiko 081

人数多すぎて、お茶葉の量がいまいちよくわからない・・・
私が淹れると薄くなる事が多いのよね・・・これも慣れないとね。

新幹線と言えば 帰省か出張
2009年04月25日 (土) | 編集 |
法事で実家へ向かいます。
新幹線で向かいます。

この頃の新幹線乗車時の定番はスタバのコーヒーと、それからドーナツ。
なぜかドーナツがすごく気分に合います。

多分手で持ってほおばる感じが良いんだろうね。
まるで遠足のおにぎりのようで。

携帯ajiko 083
ローゲンマイヤーのレモンのドーナツ。めっちゃ甘い・・アイシング何もなしの方が好きです。


花咲く咲く
2009年04月24日 (金) | 編集 |
携帯ajiko 074携帯ajiko 071携帯ajiko 068
ポピーがようやく開花!まずはピンクの八重咲き。ミックスの種をまいたので、これから何色が咲くのか楽しみです。
そしてパンジーとビオラ。(後ろにアリッサムとネモフィラ)
いつまで咲き続けるのかと思うほど、次々と蕾が出て花が咲く。
だんだんアブラムシがつきだしています・・・どうしよっかな。

携帯ajiko 070携帯ajiko 073

ネモフィラも次々咲いて、花殻を摘みきれない。
でも、それなら種ができているんじゃないかと探してみたら
まるでホウセンカのような種袋がありました。
お!来年は苗を買わずに済むのね。

そして、桃源郷からもらってきた桃の枝は
挿し木にしてみたけれども葉を出さずに徐々にしおれていっています・・・

携帯ajiko 066携帯ajiko 069携帯ajiko 067
名前のわからない植物達・・・
左は蕾がつきました。
真ん中はどこかから飛んできた草。でも花が咲いているのでしばらく静観。
右は放置している苔から出てきた草。葉っぱの形がマンガの雲形でカワイイ。





料理積み重ねる
2009年04月23日 (木) | 編集 |
思い立って、今日は煮卵に挑戦。
めっちゃ美味しくできて感激です。好きなんです、煮卵。

今まで作り方が不明だったために、煮卵に特別感を感じていました。
ラーメン屋の煮卵は、なんであんなに黄身が半熟なのか。
煮込んで味がしみてるはずなのに。
煮込んでおでんの卵みたいにパサパサになりそうなのに。

調べてみたら何の事は無い、加熱時間が短いのね。
漬け込むのね。

料理のバリエーションを増やす!
2009年04月21日 (火) | 編集 |
自炊をしはじめてもう10年以上経ちます。
10年もたつとまあ、作れる料理もなかなか増えますが
これという得意料理が無い!

それに新しいレシピに挑戦じゃなくて、作れるものの中から作っていると
そう楽しくないんよね。楽だけど。
毎日作るわけだし、楽しく進歩したいものです。
積み重ねだわ!
わたしの大好きな「積み重ね」!

決して必死の努力はせず、地味にコツコツ、軽い気持ちで。

そんな事で、積み重ねの第1弾として、前々から手を出してみたかった
「たけのこのアク抜き」をしてみました。
まずは簡単なところから積み重ねようという考えですよ。

その後たけのこご飯に、たけのこ味噌炒め。
良かった、簡単だった。
たけのこクリアですわ。

久々、sabaoご飯
2009年04月20日 (月) | 編集 |
携帯ajiko 065携帯ajiko 062

出窓で育てているローズマリーとバジルを使って鶏肉の香草パン粉焼き。
右はお昼ご飯に作ってくれたレタスとジャコのチャーハン。

以前はランチをいろんな店に食べに行くのが好きだったけども、
最近は自分で美味しいものを作れるようになりたい熱が高いです。



ボン・ルパ
2009年04月19日 (日) | 編集 |
携帯ajiko 063 携帯ajiko 064
つかしんのボン・ルパで何気なく試飲した赤ワインが美味しく飲めて嬉しくなる。
今まで赤ワインは「飲めるけども美味しく感じない」というもんだったけども、
でも興味だけは持っていて、美味しく飲めるようになれたらな~と思っていたので
今回のこのワインが、赤ワインを好きになる取っ掛かりになってくれそう。

ちょっと新しい楽しみを増やしたいともくろんでいる時期なので、
これはちょうど良いわ。

職場の先輩が、赤ワインを飲むと背筋が寒くなる程のワイン嫌いらしかったんだけども、
あるとき友人に付き合ってワインバーに行ったら、フランスのシャトーの人が来ていて
なんと1杯5千円の赤ワインをごちそうしてくれたらしくて!!
それがもんのすごく美味しかった!と。

良い体験よなあ、こういういい体験があると
そう美味しくないワインでも楽しく美味しく感じるもんね。

初・紳士スーツ選び
2009年04月18日 (土) | 編集 |
sabaoのスーツと私の礼服を新調しに、近所の青山へ・・・はるやまだったかな・・・?
しかし年齢層が合わないのか、しっくり来るものが全く無い。妙に落ち着かないし・・

そこで急遽つかしんに車で出かけて買い物しなおし。
スーツ・アンド・スーツで見てみると、妙に落ち着くししっくり来る。

紳士スーツなんてどれもそれほど変わらないかと思ってたけども、
選んで試着してみると全然違うもんなのね。

なかなか選び甲斐があって楽しい。

予約して半年待った
2009年04月17日 (金) | 編集 |
kazahana.jpg  「風花」  川上 弘美

昨年7月に図書館で予約し、待つ事8ヵ月。
ようやく借りる順番が来たのです。

川上弘美の独特の空気感が好きです。
この作品も好きですが、ちょっとファンタジーな感じの表現が入った作品の方が好き。
待ちすぎて「ひゅっと首が伸びた」り、よくわけのわからないものが喋りだしたり。

「後先考えず、ひょうひょうと好き勝手して後で痛い目にあう男の人」がよく登場する気がする。
現実にこんな男の人は嫌いな部類ですが、川上弘美の作品に登場すると
いい味出してる人に見える。

母校には生協が無かった
2009年04月15日 (水) | 編集 |
sekyou.jpg 「生協の白石さん」

サラサラっと読んでしまった。
これをこうやって本で読むのってあまり適してないような感じ。
そういえば職場の生協にも掲示板あるなあ・・・・


2009年04月14日 (火) | 編集 |
携帯ajiko 056携帯ajiko 008
ポピーがようやく蕾をつけました。 アネモネは咲きました。



四国の旅は続く
2009年04月12日 (日) | 編集 |
高知市の日曜市をプラプラする。
旅先では、なるべく市場に行きたいのです。
携帯ajiko 041携帯ajiko 043携帯ajiko 040携帯ajiko 039

生命力がみなぎるような野菜出てるし、カツオは目の前で炙ってます。
フルーツトマトがめっちゃ甘くてびっくりした。
右はお魚を使わない寿司の田舎寿司。コンニャクが好きなんです。

フルーツトマトの苗も売ってた!!
農園当たってたら絶対買ったのに!!
そのへんの園芸店では見たこと無いような、青臭い匂いのするいい苗だったなあ・・・
[READ MORE...]
思い立って四国へ
2009年04月11日 (土) | 編集 |
携帯ajiko 055

前日の晩に思い立って、11日の朝に四国へ出発!
sabaoはよく高松に出張に行くので1ヶ月ぶりの四国だけども、
わたしは3年ぶり!
さっそく高速道路千円の恩恵にあずかります。

今回の旅の主な目的は香川の讃岐うどんと愛媛のみかん食パン。

以前は、「洋服を買うために田舎から大阪まで高速バスで来る人」に対して
そこまでするの!?
と思っていましたが、うどんと食パンのために四国まで行くのに比べたら・・
もう何も言えません。

[READ MORE...]
2009年04月10日 (金) | 編集 |
wataya.jpg 「蹴りたい背中」 綿矢 りさ

すごく若い人だし、もっと粗い文章かと思ってた。
意外に文章に無駄が無いような・・・
めっちゃ削ってスマートにしたんだろうか。
すごく読みやすい。

職場の花
2009年04月09日 (木) | 編集 |
携帯ajiko 017

職場に咲くツバキ。まるでバラのようです。

携帯ajiko 016

ちょっと、不思議の国のアリスの女王の庭のバラみたい。

2度目の桜見
2009年04月08日 (水) | 編集 |
携帯ajiko 014  携帯ajiko 015

仕事帰りに職場の人と駅前の公園でお花見。
夕日が当たって淡く光っています。

補欠!?
2009年04月07日 (火) | 編集 |
空きが目立ってたので、余裕で当選と思ってた市民農園。

抽選結果は補欠1位!!
携帯ajiko 030

誰か・・・誰かはやく辞退して・・・

桃源郷で花見
2009年04月05日 (日) | 編集 |
携帯ajiko 024携帯ajiko 026携帯ajiko 023

和歌山の紀の川市桃山町にある「桃源郷」で桃のお花見です。
「桃源郷」といっても、一帯に広がる桃畑なので、
他人の畑を覗かせてもらっているわけです。

鳥は鳴くし、野草は元気に当たり前にボウボウ生えているし、
桃の花はピンクの絨毯のようで、「桃源郷」に名前負けしていません。
人も少なめで、ゆっくりまったりです。

しかし匂い立つように咲いているのに、どれだけ鼻を近づけても花の香りはしません。
残念・・

桜って列になって道沿いや川沿いによく咲いているけども、
こんな風に埋めつくすように咲いていたら更に見ごたえあるでしょうねえ。
さくらんぼ畑で花見とか・・・できたらいいのになぁ~

携帯ajiko 021携帯ajiko 029携帯ajiko 028
桃山まつりも開催されてて、出店で買い物したらオマケに桃の枝をくれました。
挿し木で育つらしい桃・・・
枝を土に植えてみようかな・・・

出窓で菜園という夢
2009年04月04日 (土) | 編集 |
今ある鉢をなるべく処分して、出窓はハーブを育てたいと計画中。
計画中にもかかわらず、ローズマリーの鉢をみつけて購入してしまった。
まだ鉢は空いてないのに!

やっぱり育てるなら種から!と思いつつも、苗とはまったく育ち方が違うので
食用で使うことを考えたら、今回は発芽の観察はあきらめてでも苗から育てた方が良いと判断しました。
食べれるものを育てるのも大きな楽しみです。

しかし、今までちょくちょく食べれるものを育ててはきたけども
思い違いばかりだわ。
苺はうまく受粉せず、未だに実をつけない。
だいたい苺の育て方を3個くらい見たけども、受粉が必要なんて書いてなかった!
今日ようやく「趣味の園芸」のバックナンバーを読んで知ったばかりです。

いままで見たのは何だったんだろう。
ミツバチが受粉してくれるのが当たり前だという地域の話か?
ウチのベランダでミツバチなんて!
来てくれるわけがない!

ベランダーからファーマーに?
2009年04月03日 (金) | 編集 |
家から徒歩30秒の所にある市民農園の抽選の申し込みをしています。
使用料は年間1万円近くかかるし、道具も必要になるし。
水やりのために早起きしないといけないし、続かないかもしれませんが。

実はウチのベランダはガーデニング禁止なのです。
ベランダに排水設備が無く、水をまくと下の階のベランダに漏れる可能性がある
というのが理由なんですが、
ホースで水まくわけじゃないし、たかだか鉢からこぼれた水くらいでそんな事・・・
と思っていましたが、先日、ちょっと多めに水をやったら下の階の端に数滴の水が伝っているのを見てしまいました。
これは大変!直接洗濯物に当たるわけではないけども!

いっきに鉢の処分は心が痛んで、できかねるので、
とりあえず出窓にギュウギュウに移動させて、じわじわ減らしていきたいと思います。

かつての飼い猫の名前は「山崎さん」
2009年04月02日 (木) | 編集 |
neko.jpg   猫の形をした幸福 小手鞠 るい

猫を飼っていた事があるためか、完全に猫びいきです。
いいえ、一緒に生活するなら猫より犬が良いと思う、半端な猫びいきです。

テレビで「犬と私の10の約束」を見て、辛口な事をいろいろと思っていたにもかかわらず
猫を愛してやまない主人公夫婦の、猫との出会いから死別までを描いたこの小説の方は
わりかし素直に楽しく読めた。
やっぱり猫が好き。

ハマボーの根元の遍歴
2009年04月01日 (水) | 編集 |
携帯ajiko 003
こんな色になってしまった岩盆栽のハマボーの苔。
こんな色になってしまってても、春になれば緑の苔が新たに出てくるに違いないとほっておいたら、
まったくそんな気配は無く、今回ようやく「枯れている」と認めることができました。

苔を枯らしてしまった・・

けども、苔なんて見渡せばけっこう自然に生えているもんです。
通勤のかたわら地面を眺めて、周辺の人たちに怪しまれずに
苔を採取できる場所を物色していました。

結局、家のすぐ前に生えている苔に決めて
「見てるだけでいいから」と、説き伏せてsabaoについてきてもらい
ようやく採取です。

携帯ajiko 038携帯ajiko 028
青々としてて嬉しくなります。前の苔みたいに、小さく雑草が出てきているところも良しです。




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。