ajikoの普通の日記です。 ajiko(わたし) sabao(夫) tobiko(娘2歳) tonbo(息子0歳)
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


2009年02月18日 (水) | 編集 |
本日は派遣元の教育研修があり、いつもより出勤時間が1時間以上も余裕が。
そのおかげで普段見れないテレビ番組が見れて
エルサレム賞の受賞スピーチをする村上春樹が見れた。

村上春樹が「これまでの人生で巡り会ったもっとも重要な本」の中の1冊に
ドストエフスキーの「カラマーゾフの兄弟」を挙げていて、
どちらとも心の暴力を強くテーマにあげているように思えて
「重要」という言葉に納得。

好きな本は沢山あるけれども、重要な本はなかなか無い。
私にとって重要な本は宮本輝の「春の夢」で、
高校生の時に読書好きになるきっかけになったもので、
その頃からようやく「考える」と言う事を始められたように思う。




コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。